ウェディングストーリーさんにてロケーションフォトに行ってきました

      2017/04/19

 人生で最初で最後(と思われる)結婚式の前撮りとして、ロケーションフォトに行ってきました。
 お世話になったのはWedding Story(ウェディングストーリー)さんという、千葉で3店舗を展開している写真屋さんです。

そもそもロケーションフォトとは

 そもそもロケーションフォトとは、結婚式場ではなく、海辺や公園、庭園など、外に出て、ウェディングドレス(タキシード)や和装などで写真を撮影することです。
 人気のスポットとしては、やはり沖縄やハワイの透き通った青い海をバックにしての撮影ですが、このような観光地だけでなく、写真屋さんによっては近くの海などでも撮影することが可能です。
 サービスとしては、結婚式場のサービスというより、写真屋さんが提供していることが多いようです。

ロケーションフォトをおすすめする理由

 私がロケーションフォトをおすすめするには、以下のような理由のためです。

結婚式を挙げなくても、いい思い出になる

 私たちは元々結婚式を挙げる予定はなく、食事会のみ、もしくは披露宴のみにする予定でした。
 それでも、写真だけは残しておきたいと思い、写真屋さんを探すことにしました。
「結婚 写真」で検索していくうちに、ロケーションフォトというものを知りました。
 ただスタジオで撮影するだけでなく、海辺や公園などで、自然光を浴びながら撮影してもらうことが可能です。
 写真で残すのであれば、せめて素晴らしい写真を、と思い、ロケーションフォトを選択しました。

結婚式を挙げる予定があっても、前撮りになる

 結婚式の前撮りにも、ロケーションフォトはおすすめです。
 というのも、結婚式で写真を撮ってもらうのであれば、結婚式場の写真は挙式日当日にたくさん撮ってもらえます。
 前撮りと結婚式当日、同じ場所の写真がたくさんあっても面白くないという方もたくさんいらっしゃると思います。そういう方にぜひともおすすめしたいのがロケーションフォトです。
 また、前撮りしておけば、結婚式当日のウェルカムボードにも使用することができます

写真屋さんを選ぶポイント

 ロケーションフォトを撮影するにあたって、自分なりに選んだポイントをまとめてみます。

http://www.photo-ac.com/main/detail/482115?title=%E3%83%98%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%AF

http://www.photo-ac.com/main/detail/482115?title=%E3%83%98%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%AF

料金

 まず気になるのは料金だと思います。まずは「データの有無」「土日撮影料」「衣装代」、次に特にロケーションフォトだと「移動費」「雨天時の日程変更料金」などがポイントになると思います。

データ納品

 最近はデータさえあれば、アルバムは「フォトブック」として、自分たちで作ることも可能です。その方が安上がりな場合も多く、自由度の高いアルバムが作れたり、またウェルカムボードなどを作ったりと、幅が広がるのが「データ納品」です。実際にはDVDに焼いていただくことができます
 データですが、写真屋さんによって値段もまちまちです。私たちが撮影していただいたWedding Story(ウェディングストーリー)さんでは全データで69,800円でした(2016年現在)。ただし、私たちはこちらではなくベーシックプランというおまとめプランを選択しました。和洋装撮影と全データ、ウェルカムボードと6切写真込みで107,000円で、おそらくこっちの方がお得感があるのではないかと思います(別途衣装代などですが、この価格でも撮影&データ納品は可能です)。

土日祝撮影料

 次に土日祝料金上乗せです。私たちの場合、彼がサービス業ということもあって、平日に撮影することができましたが、実際に土日休みの方は土日祝料金も確認しておいた方がいいです。Wedding Story(ウェディングストーリー)さんは15,000円上乗せのようです。
 ちなみにですが、平日撮影しましたが、ロケ地のお客さんはそんなに多くなかったのが救いでした。土日の場合には、ロケ地によってはジロジロ見られるのは覚悟しておいた方がいいでしょう。

衣裳代・持ち込み代

 衣装代もポイントです。基本プランは安いのに、着たいデザインがなかったり、サイズがなかったりと、選んでいるといつの間にか衣装代の方が基本プラン代より高く付いてしまった、ということにもなりかねません。
 そういう場合には、持ち込みできるかも重要です。「海外挙式やロケーションフォトにおすすめ!格安ウエディングドレスを販売しているお店の紹介」で書いたように、安い衣装を買って持ち込むか、納得できる衣装を選ぶかどうか、です。
 Wedding Story(ウェディングストーリー)さんでは衣装代は0~50,000円でした。サイズとデザイン的を総合して10,000円のドレスを借りることにしましたが、持ち込み料もわずか5,000円でしたので、安いドレスを持ち込んでも良かったかな、と思っています。

移動費

 基本プランに含まれないことが多いのが、この移動費です。移動費は実費、という写真屋さんもあるので、確認は必須です。実費でもガソリン代や高速代など、意外と不明瞭なのがこの値段です。
 ちなみに、Wedding Story(ウェディングストーリー)さんは移動費無料でした。

雨天時の日程変更料金

 こちらもロケーションフォトならではのポイントです。
 雨天時に変更ができるか、できる場合にはいくらかかるのか、というのは最初に確認しておくべき項目です。私が検討した写真屋さんの中では、雨天時に延期ができないお店や、予備日が1日のみのお店もありました。
 Wedding Story(ウェディングストーリー)さんでは雨天日程変更は前日でもオッケーですし(前日に確認の電話があります)、順延の場合は何回でも無料です。

撮影場所

 撮影場所に関しては、写真屋さんによってまちまちです。
 沖縄で撮影したい! といっても地元の写真屋さんではなかなか難しいでしょう。そういう場合には沖縄でのロケーションフォトを取り扱いしているお店に任せるのが一番です。
 地元の思い出の場所でロケーションフォトをしてもらいたい! という方もいらっしゃると思います。そういうこだわりが叶えられる写真屋さんもあるようです。
 写真屋さん選びのポイントになります。

写真の構図や腕

 もう一つ確認すべきポイントは、写真屋さんのホームページなどに掲載されている写真をよく確認することです。
「ロケーションフォトならどんな写真でも同じように撮れるのでは?」というのは大間違いです。
 掲載されている写真を見ると、どういった構図で、どんなアイテムを使って、どのくらいの明るさで撮影し、どういったバリエーションがあるのか、なんとなく分かってくると思います。
 おんなじような写真が何枚と掲載されていたり、写真の露出が明るすぎたり暗すぎたりという写真屋さんはあまりおすすめできません。この辺りで写真屋さん(カメラマンさん)の腕とやる気が分かるのかな、と思います。
 ちなみに、写真屋さんによっては、写真が白飛びしているお店は実際にあります。明るい=キレイという感覚だと思います。

Wedding Story(ウェディングストーリー)さんに決めたきっかけ

予約が撮れた

 そもそもですが、ゼクシィで見かけた、都内の他のお店でロケーションフォトをお願いするつもりでした。
 しかし、土日での見学の予約すらできない(笑)という、大人気店ならではの弊害がありました。
 ロケーションフォト自体は諦めきれなかったので、関東圏内で海辺で撮影できる場所を探し、運良くWedding Story(ウェディングストーリー)さんと巡り合うことができました。

料金が明確で安い

 Wedding Story(ウェディングストーリー)さんに決めたのは、料金の明確さと安さです。
 上記にも書きましたが、他店では移動費有料、日程変更有料(もしくは日程変更ができなかったり、1回のみしかできない)ということがありました。
 移動費という名目の元、ガソリン代+高速代を請求されるにしても不明瞭ですし、雨なんてお天道様しか知り得ないことが有料では、なかなかチャレンジできませんでした。
 Wedding Story(ウェディングストーリー)さんでは、これらが無料であり、かつ衣装も安い(持ち込み料も安い)ので、こちらにお世話になることにしました。
 また、和装はするつもりはなかったのですが安かったので、和洋装でのプランにしました

撮影地が豊富

 私たちが撮りたかったのは海辺でした。
 Wedding Story(ウェディングストーリー)さんでは、海辺とは言っても葛西臨海公園いなげの浜お台場海浜公園での撮影が可能です。自分たちが気に入った場所ということで、葛西臨海公園で撮影してもらうことにしました。

http://www.photo-ac.com/main/detail/270262?title=%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3

http://www.photo-ac.com/main/detail/270262?title=%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3

写真撮影まで

写真撮影前

 写真撮影の前に見学をしました。ゼクシィから申し込みができます。
 お店にはアルバムのサンプルがいくつもあり、他のお客さんやロケーションフォトから戻ってこられる方もおり、かなり人気店のようでした。アルバムを良く見て、Wedding Story(ウェディングストーリー)さんに撮影をお願いすることにしました。
 見学した当日に前金の支払いをしました。衣装合わせは無理を言ってお願いしました。かなり融通をきかせていただいたと思います。ありがたいの一言ですね。

写真撮影前日

 天気予報を確認しながら、明日の撮影が可能かどうか、私たちが判断します。
 週間予報の時点では雨予報でしたが、徐々に天気予報も晴れに代わり、前日の時点で「晴れ時々くもり」になりました。
 夕方18時前に確認の電話がかかってきました。天気も良くなる予報だったので、明日決行のお願いをしました。

写真撮影当日

 写真撮影当日は8:50に写真屋さんにお伺いしました。
 メイク、ヘアメイクをしてもらい、衣装に着替えてスタジオ撮影→ロケ地での撮影(午前中)でした。
 ロケ地での撮影は1時間強だったと思います。カメラマンさん1名、アシスタントさん2名が一緒に回ってくれます。
 楽しすぎて、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
 ロケ地から写真屋さんに戻り、午後もヘアメイク→着替え→スタジオ撮影→ロケ地(午後)でした。
 撮影が終わったのは16:30頃、着替えやデータ納品など、全部が終わったのは18時前でした。

ロケーションフォトをウェディングストーリーさんで撮影してもらって大満足な結果に

写真そのものの出来上がりについて

 DVDは当日に渡してもらえますので、帰ってから早速、テレビに接続して見てみました。
 最初は「んんっ?」という画像だったのですが、それはテレビの設定が間違っていたからでした(笑)
 設定を直して見てみると、なんともステキな画像がたくさんでした!
 300枚以上データを頂いたのですが、アシスタントさんが写っていたり、テスト撮影を除いた写真で300枚以上ですので、かなりのボリュームです。
 どれをアルバムに使用するか、かなり悩むくらいです。

カメラマンさんやアシスタントさんについて

 撮影中も笑わせてくれたり、持ち込みアイテムに文句一つ言わず、躍動感ある構図で撮影してくれたりと、大満足な1日でした。
 何よりデジカメを持ち込んでいたのですが、彼の方が「別にカメラマンさんに撮ってもらうんだから、デジカメでは撮らないよ」と言ったのを聞いて、アシスタントさんが代わりに何枚もデジカメで撮ってくれて、その暖かさに感動しました。
 そして、その写真もなんともステキで、アルバムに何枚も使用させて頂きました。

メイクさん、ヘアメイクさんについて

 髪型、メイクをイメージし、スマホで画像を見せて「こんな感じにしてください」とお願いしました。
 髪の毛を巻かれているときは「巻きすぎじゃない?」と思っていましたが、いざ完成すると写真通りの出来に! かなりの腕をお持ちのようです(笑)
 メイクも午後は口紅の色を変えて下さり、全く違った雰囲気になりました。 

やっておけばよかったこと

http://www.photo-ac.com/main/detail/86712?title=%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%81%84%E3%81%84%E6%8C%87%E3%80%80%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%826

http://www.photo-ac.com/main/detail/86712?title=%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%81%84%E3%81%84%E6%8C%87%E3%80%80%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%826


 大満足のロケーションフォトでしたが、もっとやっておけばよかった、ということもあります。

構図をもっと考えておけば良かった

 撮ってもらいたい構図はいくつも考えて、切り抜きにして持っていっても良かったかな、と思っています(実際に切り抜きでもって来られる方もいらっしゃるそうです)。
 私たちの撮影は大満足なのですが、「こういうシーンで撮ってもらいたかったのに、撮影が楽しすぎてすっかり忘れていた!」というシーンがありました。
 そうならないためにも、切り抜きを渡しておく、というのが間違いないのではないのかな、と思います。

洋装だけでなく、和装の構図も

 洋装ではやりたいポーズはほとんどできたのですが、和装では「こういうのがやりたい!」というこだわりをほとんど持たず、すべて写真屋さんにお願いしてしまいました。
 1つ2つくらい、構図やアイテムの持ち込みをしても良かったのかな、とも思っています。

デジカメの持ち込みはもっと話し合ってから

 私たちは自分たちで話し合ってデジカメを持ち込んだのですが、当日になってド緊張した彼が「デジカメでの撮影はいいじゃん」と言って、代わりにアシスタントさんが何枚も撮ってくれました。かなり気を使わせてしまったのかな、と反省しています。
 デジカメにはデジカメなりにいい写真が撮れますし、カメラマンさんの前では笑顔が作れない彼も、私が向けたデジカメに対しては普段通りの笑顔を見せてくれたので、デジカメを持ち込むこと自体は良かったと思うのですが、アシスタントさんに迷惑をかけないよう、私たち自身でもっと話し合っておけばよかったなと思っています。

データはフォトレボさんにてアルバム化



 さて、いただいたデータはPhotoRevoフォトレボ)さんにてアルバムにしました。
 span class="d-inline">PhotoRevoフォトレボ)さんの特徴としては

・レイアウト自由
・A4サイズのハードカバーが3,800円~と安い
・16~80ページまで作れる

 という点にあります。妹の結婚式の写真をPhotoRevoフォトレボ)さんでアルバム化し、満足な結果だったので、引き続きこちらでもお世話になります。
 ちなみに、他店さんだとフジフォトアルバムさんがおすすめです。見開きできるアルバムはやはり魅力的ですね。
銀塩式プリントで作る、高級フォトアルバムなら「フジフォトアルバム」さん 2,480円 8~48ページ レイアウト自由

少人数向けの結婚式場を探すならゼクシィ



 ゼクシィにはホテルや少人数に対応したゲストハウスなど、結婚式場の情報がたくさん掲載されています。少人数向けの式場は多種多様ですので、まずはブライダルフェアの参加をおすすめします。

 - レビュー , , ,