家族婚や少人数の結婚式の費用は?ご祝儀で赤字回避できる?

   

 家族婚や少人数の結婚式の悩みの一つが「費用」だと思います。
 一般的な結婚式だと、「ゲストの人数×ご祝儀3万円」の「概算」ができますから、予算がいくらだからゲストの人数を何人くらいにする、結婚式・披露宴のプランを変更する、という調整ができます。
 しかし、家族婚や少人数の結婚式になると、そうはいきません。ゲストのご祝儀も予想がつきにくいだけでなく、式場・披露宴会場によって費用もバラバラだからです。
 ここでは「家族婚」もしくは「少人数の結婚式」の場合、費用がどの程度になるのか、ご祝儀で赤字回避はできるのかについて、まとめたいと思います。

ご祝儀で赤字回避できるかどうかは分からない


 最初から答えのようで答えではない回答になりますが、「家族婚」もしくは「少人数の結婚式」の場合、ご祝儀で赤字回避できるかは分かりません。それは「結婚式・披露宴にかかる費用」が一般的な結婚式と違って本当にまちまちですし、ご祝儀の金額も全く予想がつかないからです。
 下で詳しく見ていきましょう。

結婚式・披露宴にかかる費用はいくら?

 まず、結婚式・披露宴にかかる費用です。
 一般的な結婚式や披露宴において、ホテルで相場は200万円前後、ゲストハウスで250~300万円と言われています。もちろん、人数やプランによって大きく費用は変わります。
 では、家族婚ではどうでしょうか。
 家族婚の場合、ホテルで行うこともありますし、ゲストハウスで行うこともあります。また、少人数になるとレストランや料亭を貸し切ることもあるでしょう。この時点で、会場にかかる料金がバラバラになるのは言うまでもありません。

 また、ホテルやゲストハウスにおいても、少人数に対応したサイズの会場があり、それに合わせたプランがあると、安く納まることがありますが、一般的な結婚式・披露宴のプランしかなく、単に人数を減らしただけ、となると、一般的な相場からほとんど変わらないこともあります
 当サイトでは結婚式や披露宴のレビューを頂いていますが、100万円以下で結婚式・披露宴を行っているカップルが最も割合が多いものの、400万円以上かけて少人数結婚式をされた方もいらっしゃいます

ご祝儀は本当に様々。相場は合ってないようなもの

 次はご祝儀です。家族婚において、ご祝儀の相場は合ってないようなものだと思います。
 一般的な結婚式だと、親の援助をもらって挙げるカップルも多いと思います。しかし、家族婚や少人数の結婚式となると、親の援助なしでも挙げられるカップルは多いでしょう。代わりに、当日に両親からご祝儀をもらう、というケースもあります(家族婚の場合、新郎新婦が主催となり、親はゲストのような扱いになることも)。その場合の相場は合ってないようなものです。

 また、兄弟・親族の相場は一応はあるものの、それぞれの関係でかなり幅があります。結婚している夫婦ならいくら、結婚していない兄弟だといくら、子供も参加するとなると、と計算するわけですが、「気持ち」で多くご祝儀をいただけることもあります。

 ちなみに私たちの場合、親からのご祝儀が○十万円(書けないほど多い…)、兄弟からのご祝儀は一般的な相場よりも多め、呼べなかった親族からも数万円いただき、結果として家族婚でも赤字にはなりませんでした。

少人数向けの結婚式場を探すならゼクシィ



 ゼクシィにはホテルや少人数に対応したゲストハウスなど、結婚式場の情報がたくさん掲載されています。少人数向けの式場は多種多様ですので、まずはブライダルフェアの参加をおすすめします。

 - アイディアまとめ , , , ,