花束贈呈もいいけれど鉢植えもいいのでは?今流行りの盆栽を両親へプレゼント!

      2017/04/12

 披露宴での両親へのプレゼントって意外と悩みますよね。
 記念品でもいいけれど、「生まれたときの体重ティディベアはありきたりだし…」「花束はもちろん素敵だけど、手元に残るものがいいし…」「どっちかっていうと両親は渋いものが好きだけどなぁ…」という悩みもあると思います。
 そこでおすすめしたいプレゼントが「盆栽」です。

花束贈呈やプレゼント贈呈ではなく、なぜ盆栽?

 盆栽をプレゼントするということは、いくつものメリットがあります。

花束のように「枯れない」


 花束はいつか枯れてしまいますよね。ドライフラワーにされる方もいらっしゃいますが、両親等にプレゼントした花は両親たちがドライフラワーにしなければなりません。
 実際問題、両親たちがドライフラワーにしてくれるとは限りませんよね。プレゼントして1~2週間飾ってゴミ箱行きでは、ちょっとさみしいですよね。
 盆栽であればちゃんと手入れをすれば枯れることはありません。逆に桜や梅の盆栽であれば、ちゃんと面倒を見れば春には花を咲かせてくれます。素敵ですよね。

二人の仲、家族との絆が「根付く」

 病院の御見舞では鉢植えはタブーとされています。それは「根付く」、つまり「病院からずっと出られない」と暗示しているからとされています。
 ですが、結婚式はお祝い事です。幸せがずっと続いてくれた方がいいのです。
 つまり、鉢植えになっている盆栽は、幸せが「根付く」ことで、幸せの象徴となってくれるのです。

手間がかかる分、いい趣味になりえる

 盆栽といえば、趣味の代表でもあります。それは手間暇をかけるからです。苔を取ったり、枝を整えたり…
 盆栽をプレゼントするということは、趣味を一つプレゼントするようなものです。実際に盆栽をプレゼントされた親御さんでは、「娘のようにかわいがっている」「盆栽を身に子どもが帰ってくるのがうれしい」という感想もあるくらいです。

渋くて粋なプレゼントができる


 花束はもちろん素敵ですが、記念品となると、「似顔絵は喜んでくれるか分からない」「あげようと思っていたプレゼントを兄弟に先を越されてしまった」「自分の両親と義両親、同じものをあげなくては…」と、悩み過ぎてしまう方もいらっしゃいますよね。
 盆栽は正直「渋い」です。ですから、「誰とも被りません」し、「和風で粋なプレゼント」という方もいらっしゃいます

ずっと両親の傍に置けるプレゼント

 花束はいつか枯れてしまいますし、ぬいぐるみのプレゼント等だとインテリアにあわずにタンスにしまわれたまま、ということもありえます。
 ですが、盆栽であれば、いつでも飾っておくことができます
 というのも、盆栽は和室に合うのはもちろん、最近は洋風のリビングに飾るのも流行っています。インテリアの一つとして、盆栽は人気なのです。
 また、玄関に置いて客人をもてなすこともできますし、従来通り庭で手入れを行うというのもいいでしょう。

実際にプレゼントするには、どうやってあげればいいの?


 盆栽は披露宴当日にプレゼントするのがベストです。
 ですが、実際には「花束贈呈がないと、華々しさがないかも…」と心配になってしまう方もいらっしゃるようです。
 そんなときには、母親に花束贈呈、父親に盆栽というのはいかがでしょうか
 披露宴は父親へのプレゼントがないがしろになりがちですから、盆栽のプレゼントというのはサプライズとしても喜ばれるでしょう。

披露宴にプレゼントする盆栽はどこで買えばいいの?


 おすすめの盆栽プレゼントは盆栽妙です。
 こちらでは結婚式・披露宴の両親・義両親へのプレゼントにできる盆栽がセットとして売られています
 セットは長寿梅のものと、長寿梅と五葉松のものがあります。
 梅は春に花を付けますし、松は「ザ・盆栽」として、今まで盆栽に触れたことのないお父さんへのプレゼントにも最適です。
 もちろんラッピングもしてくれますし、「お父さんが盆栽を育てられるか不安」という場合にも、電話でのサポートもあります。至れり尽くせりですね!

少人数向けの結婚式場を探すならゼクシィ



 ゼクシィにはホテルや少人数に対応したゲストハウスなど、結婚式場の情報がたくさん掲載されています。少人数向けの式場は多種多様ですので、まずはブライダルフェアの参加をおすすめします。

 - アイディアまとめ , , , ,