結婚式のアルバムは自分で「フォトブック」を作るのがおすすめ!

      2018/12/07

 結婚式のアルバムは自分たちで作るのがおすすめです。

自分たちでアルバム(フォトブック)を作るメリット

 自分たちでフォトブックでアルバムを作るメリットはたくさんあります。

結婚式場に頼むより安い

http://photton.info/color/red/4703/

http://photton.info/color/red/4703/


 一番のポイントは式場に頼むより安い、ということではないでしょうか。
 結婚式場に頼むと1冊10万円というのがザラです。両家の分を合わせて3冊、割り引いてくれたとしても20万円ほどかかってしまいます。
 ですが、自分たちで作れば1冊1万円前後。かなりお金が浮きますね。挙式・披露宴のプランを立てる時点で「写真はデータのみでアルバムは不要」と伝えておきます。

自分たちでデザインできる

 式場にアルバムをお願いした場合、自分たちの好きなようにデザインはしてくれません。写真やおおまかなレイアウトだけは決められるけれど、細かい部分は式場におまかせというのがほとんどです。
 アルバムでトラブルになるのが「もっといい写真はなかったの?」「もっといいデザインで作れなかったの?」ということです。式場の主観で作られるのでこういった問題がおきます。写真を選んだところで、「こっちの写真はもっと大きくしてほしかった」ということにもなりかねません。
自分たちでデザインできる
 私たちは実際に結婚式場のアルバムのサンプルを見てびっくりしたのは、白黒に加工された写真があったことです。式場としてはかっこいいつもりで作っているのでしょうが、葬式じゃあるまいし…とドン引きしてしまいました。

自分たちの写真も入れられる

 結婚式場のアルバムでは、式場が撮影した写真しかアルバムに載せられませんが、自分たちで作る場合、自分たちで撮影した写真も入れられます。特に挙式や披露宴では、家族や友人等が撮影してくれた写真がたくさんあると思いますので、これらも一緒にアルバムにできるというのは大きいですね。
 私たちの場合、家族が撮ってくれた写真だけでなく、前撮りの写真(ロケーションフォト)も入れて一冊のアルバムにしました

クオリティを選べる

 たった1度の結婚式なんだから、アルバムも最高級なものを作りたい、という希望もあれば、家族に渡すアルバムは最低限でいい、ということもあると思います。そういったときにアルバム(フォトブック)のクオリティが選べるのも、自分たちで作るメリットです。
 下記のようにフォトブックとはいえたくさんの種類がありますので、自分たちにぴったりなフォトブックを選択できます。

フォトブックを作るときのポイント

フォトブックを作るときのポイント

品質を選ぶ

 毎年作るようなフォトブックでは、品質は二の次になることもありますが、結婚式のフォトブックですので、品質第一です。
 品質は2つあります。「銀塩写真(写真仕上げ)」か「プリント方式(印刷仕上げ)」です。

銀塩写真(写真仕上げ)とは

 銀塩写真(写真仕上げ)は写真と同じように、写真紙に現像するもので、プリント方式より細かな表現が可能です。紙も分厚く、高級感があります。卒業アルバムなどによく使われるものです。

プリント方式とは

 プリント方式は業務用のインクジェットプリンターでプリントするものです。プリントアウトですので紙は比較的薄く、安価です。
 フォトブックの多くはプリント方式です。正直、自分用でなければプリント方式でも十分だと思います。私たちの場合、両家の分もプリント方式にしました。
 反面、自分たちの分は大切な思い出ですので、銀塩写真のフォトブックにしました。

見開きを確認する(フルフラットかどうか)

見開きを確認する(フルフラットかどうか)
 見開きもポイントの一つです。本を置いたとき、フラット(まっすぐ、平らに開けるかどうか)かどうかです。フラットであれば、左右見開きの大きな写真を使っても、真ん中の人の表情まで読み取ることができます
 銀塩写真の場合、ほとんどがフラットになりますが、プリント方式の場合には綴じ方によっては通常の本と変わらないので、表情が潰れてしまうということもあります

サイズを選ぶ

 次にサイズです。サイズはA4、もしくは大きめのスクエア型がおすすめです。
 A4サイズであれば、本棚に並べても邪魔になりません。リビングにも置いておけるので、いつも手にとってみることができます。
 邪魔になる、ならないを気にしない場合には大きめのスクエア型(正方形)もおすすめです。A4サイズより大きいですので、写真も多く入れられるのがいいですね。

業者を選ぶ

 最後に業者を検討します。個人的におすすめの業者を紹介したいと思います。

銀塩写真おすすめ業者

1位:富士フイルム(FUJIFILMネットプリントサービス

 一番のおすすめは富士フイルムの「フジフィルム フォトブック ハーカバー」です。
 富士フイルムの場合、フォトブックは4種類あります。

・イヤーアルバム:たくさんの写真を期間を選択し、自動でアルバムにしてくれるもの
・ハードカバー:絵本のような固い表紙が特徴
・ソフトカバー:雑誌のような柔らかな表紙
・フォトブックリング:背がリング状になっているのが特徴

 おすすめはハードカバーです。
 こちらは表紙も好きな写真を使用することができ、本文中に文字やイラストを入れることも可能です。ソフトで編集することもできますし、web上での編集も可能です。欠点という欠点もありません。
 また、ソフトカバーもありますので、結婚式の写真はハードカバーで作り、今後、子どもが生まれたときにはソフトカバーで作っていく、という方法も選択できます。ソフトの使い方になれておけば、ずっと使い続けられるのもいいですね。

2位:フジフォトアルバム



 銀塩式プリントで作る、高級フォトアルバムなら「フジフォトアルバム」
 フジと名前が付きますが、フジフィルムとは別会社です。値段も安く、サイズも豊富です。48Pで7,480円ですので、下記のフォトレボと500円しか差がないことになります(ただし、送料が900円)。
 結婚式用のフォトブックもあります。
 唯一の欠点がサイトが見にくい&使いにくいという点。保存するときに止まってしまうことも多々ありました…
 使い方をマスターすればここよりオトクなフォトブックはないと思います。

3位:富士フイルム

FUJIFILMネットプリントサービス(フジフイルムネットプリントサービス)
みんなでつくるイヤーアルバム
 3位は富士フイルムの「イヤーアルバム」です。
作るのはめんどくさいけど、アルバムは作っておきたい」というワガママを叶えてくれます。
 やり方は簡単、結婚式の写真のデータが入ったフォルダを指定するだけで、写真もレイアウトも全部やってくれます。
「写真選びは自分がやって、レイアウトはソフトがやる」という場合には、写真を選んだフォルダを別名で作って、そのフォルダを選択すればいいだけです。
 こちらの欠点は表紙が結婚式っぽくできないこと。表紙に関してはほとんどカスタムできないのだけが残念です。

プリント方式おすすめ業者

1位:ダンクセキ フォトレボPhotoRevo




 妹の結婚式のアルバム、私たちの実家分はフォトレボで作りました毎年の夫婦のアルバムもここで作っています
 特徴は「安さ」。ハードカバーのA4で48Pで7,000円ですから、富士フイルムの10,368円に比べると3,000円強の違いがあります。2冊以上で割引もありますので、「安さ」を求めればここだと思います。
 もちろん品質も悪くなく、フォトブックとしては十分だと思います。ソフトも直感で使えます。

2位:ネットプリントジャパン

 安い!A4ハードカバー48Pで4,480円です。
 ソフトはweb上のみなので、自由自在にレイアウトを変更できるわけではないので、若干使いにくい部分はありますが、この安さなら仕方ないですね。

3位:マイブック

 ソフトも使いやすく、A4の50Pで9,200円というまずまずのお値段です。フォトブックの中では老舗なので、こちらのソフトが使い慣れているという方もいらっしゃると思います。

少人数向けの結婚式場を探すならゼクシィ



 ゼクシィにはホテルや少人数に対応したゲストハウスなど、結婚式場の情報がたくさん掲載されています。少人数向けの式場は多種多様ですので、まずはブライダルフェアの参加をおすすめします。

 - アイディアまとめ , ,