パソコンさえあれば簡単にできる! 結婚式に使えるパソコンソフトまとめ

      2017/01/31

 少人数の結婚式・披露宴の場合、大人数の結婚式に比べて色々なことに時間が割けるのが利点です。
 そのうちの一つが「ムービー関係」です。
 オープニングムービーやエンディングムービーは、業者に頼むと1本1~3万円ですが、自分たちでやればタダですし、パソコンに詳しくなったり、二人で協力したりと、利点も多いものです。
 ここでは、私が実際に使用したソフトやお世話になったサイトさんを紹介したいと思います。ちなみに、すべて無料です。

ムービーを作る前に確認したいこと

 動画を作る前に確認しておきたいことがいくつかあります。

結婚式場にスクリーンやモニターはあるか

 少人数の結婚式の場合、レストランウエディングや神社での挙式などを選択される場合もあると思います。
 そういった場合、スクリーンやモニターがそもそもない、ということもあります。式場を決める際によく確認しておく必要があります。

持ち込み料やスクリーン使用料はいくらか

 せっかく作ったのに、「持ち込みの場合、プラス○万円かかります」というのがブライダル業界です。
 作って持ち込むより、業者に頼んだ場合にはセット料金で安くなる、なんていうことにもなりかねませんので、こちらも式場を決める際に確認しておきたい点です。

モニターの解像度と縦横比

 いざ作ったDVDを持ち込んだら、映像が変?ということもあります。
 それは解像度や比率がおかしい場合です。
 簡単にいうと、古いテレビの映像だと、新しいテレビで見ると横が切れている、ということがあります。これは比率が4:3と16:9で異なるからです。
 式場が決まった際には、少なくとも「4:3か16:9」は確認しておきましょう。

http://www.photo-ac.com/main/detail/182771?title=%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9&selected_size=s

http://www.photo-ac.com/main/detail/182771?title=%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9&selected_size=s

ムービー編集ソフト:AviUtl

 パソコンの編集ソフトです。
 簡単なスライドショーであれば、マイクロソフトのムービーメーカーで十分ですし、それなりの動画もできます。
 スライドショーよりレベルアップした動画が作りたい! というときに役立つのがこのAviUtlです
 私はオープニングムービーやエンディングムービーを作るまで、このソフトの存在を知りませんでしたが、そんな素人の私でもかっこいい動画を作ることができました。
AviUtl公式サイト:AviUtlのお部屋
導入方法:AviUtl初心者が最初に読むべきページ【導入から使い方まで】
 上記のサイトさんを読めば、AviUtlで動画を作ることが可能です。

BPMカウンター:BPM計測機

 スライドショーを作る際には、曲の小節ごとに写真を切り替えていくと、見る側も気持ちよく見ていられます
 AviUtlでは、BPMの線をタイムライン上に表示させることができます(詳しくは【AviUtl】BPMとエフェクトを同期させる方法【スクリプト】のサイトさんに掲載されています)。
 オープニングムービーやエンディングムービーで使用したい曲のBPMを調べるには、「曲名+BPM」や「曲名+拍子」「曲名+リズム」などで検索すると、BPMを紹介しているサイトさんに行き着くことができると思います(楽譜を紹介しているサイトさんや、マラソンやジョギング関係のサイトさんが多いです)。
 しかし、自分がオープニングムービーやエンディングムービーに使用したい曲がマニアックな曲であったり、洋楽などでは、このようなサイトさんに行き着くことができません。
 当てずっぽうでBPMを設定してもいいのですが、せっかくであればちゃんと測って作りたいもの。
 そんなときに役立つのがBPM計測機です。
 使い方は簡単で、ソフトをダウンロード→解凍し、音楽を流しながら、手拍子をするタイミングでスペースキーを押すだけです。
 何回かスペースキーを押していくうちに、正確なBPMの値が表示されます。
BPM計測器公式サイト:BPM計測機

画像のリサイズソフト:リサイズ超簡単!Pro

 デジカメ等で撮った写真をそのままAviUtlで使うとき、サイズが大きすぎてエラーになることもあります。
 簡単に何十枚もの画像を小さくしたいというときに役立つのがリサイズ超簡単!Proです。
 例えば、AviUtlで「ファイル→システムの設定→最大画像サイズ」を幅1920にしている場合、これより大きなサイズの画像は使用できませんので、リサイズ超簡単!Proで「サイズ→横サイズ優先→1920」としておくと、楽にサイズ変更できます。
Vector:リサイズ超簡単!Pro

http://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=71647&word=%E9%BB%84%E8%89%B2%E3%81%84%E3%81%AF%E3%81%95%E3%81%BF

http://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=71647&word=%E9%BB%84%E8%89%B2%E3%81%84%E3%81%AF%E3%81%95%E3%81%BF

ビデオ(動画)の切り取り(トリミング)ソフト:Freemake Video Converter

 せっかくムービーを作るのであれば、動画も使いたい! という方もいらっしゃると思います。
 そういう場合、動画をまるまるAviUtlに放り込むという手もありますが、1時間以上ある動画のうち、使用したいのが1分なのに…ということもあると思います。
 作業する際にAviUtlの動作が重くならないためにも、動画の一部だけを切り抜きたい、というときに重宝するのが「Freemake Video Converter」です。
 ただ、中国製なのか、Baiduの設定などもあるので、注意が必要。下記のサイトさんには、これを回避する方法と共に、動画のトリミング方法も掲載されているので、ぜひ参考にしてください。
 Freemake Video Converterは無料で使えますが、動画の前後に広告が入ります。AviUtlでは対象の動画を分割することで、広告部分を表示させないことが可能です。
 また、私個人は下に紹介したVirtualDubを使って広告部分を削除しました。
公式サイト:Freemake Video Converter
インストール方法:Freemake Video Converterのインストールと使い方

動画の手ぶれ補正:VirtualdubのプラグインDeshaker

 幼少期のホームビデオをムービーに使いました。昔のビデオなので、手ぶれがひどく、見ていると酔ってしまうようなものでした。
 この手ブレを軽減できるのがVirtualdubというソフトのプラグインであるDeshakerです。ちょっと手間はかかりますが、手ぶれ補正前後の動画は雲泥の差です(下記動画参照)。


 導入の仕方などは下記サイトさんが参考になります。初心者の私はちょっと難しかったのですが、出来上がった動画を見て、やっておいて良かったなと感動できました。
 また、Freemake Video Converterで入ってしまった広告部分も削除できるので、一石二鳥の動画編集ソフトです。
VirtualDubの日本語ミラーサイト:VirtualDubの日本語ミラーサイト
Deshaker公式サイト:Deshaker
導入方法:【Virtualdub】撮影後に手振れ補正できるDeshaker 【使い方】さん

 余談ですが、出来上がった動画は下記の右の映像のように、四隅に黒い部分が発生します。


 これを誤魔化すためには2つの方法があります。

・黒い部分がなくなるくらい、AviUtlで動画を拡大表示する
・黒い部分を隠す

 私は下記のように、黒い部分を映画のフィルム風にして隠しました。こちらの素材はイラストACさんのものを、中央を透過させました。
【Deshaker】黒い部分を隠す

素材関係

 上記のソフトさえあれば、動画は出来上がります。
 ここからは素材の紹介です。

フォント:しねきゃぷしょん

 映画の字幕のようなフォント。自作のオープニングムービーやエンディングムービーを商用利用する方はいらっしゃらないと思いますが、商用の場合は事前に連絡が必要。個人利用であればメールの必要はありません。
公式サイト:Chipheadさん

結婚式用ムービー素材:Lab01

 このサイトさんの動画素材を見て既視感を感じた方も多いのではないでしょうか。
 YouTubeに公開されている自作のオープニングムービーの中には、こちらの素材を使っている方が多くいらっしゃいます。それほど質が高く、使いやすい素材を公開してくださっています。
公式サイト:Lab01さん

ムービー素材:Life in Material

 こちらは結婚式関係のムービー素材が多いのですが、それ以外のときにも使えそうな質の高い素材がたくさん揃っています。
 テレビ番組風の素材は、他では見られないおもしろ素材ですね。
公式サイト:Life in Materialさん

ムービー素材:NHKクリエイティブ・ライブラリー

 ムービーの途中の、ほんの一部に差し込みたい、花や風景の動画などに重宝します。
 結婚式のオープニングムービーやエンディングムービーの一番最初や最後など、重要な部分に使うような素材というより、隙間に差し込むと一気に構成力がアップした(ように感じる)そんな素材です。
公式サイト:NHKクリエイティブ・ライブラリー

少人数向けの結婚式場を探すならゼクシィ



 ゼクシィにはホテルや少人数に対応したゲストハウスなど、結婚式場の情報がたくさん掲載されています。少人数向けの式場は多種多様ですので、まずはブライダルフェアの参加をおすすめします。

 - アイディアまとめ , , , , , ,