【ゲストの感想No.06】少人数結婚式に参加したゲストの「ここに感動した!」演出

      2017/06/22

新郎から新婦への花束贈呈(東京都/サンアクア/30名)

 チャペルでの事。座っている列席者にスタッフからピンクのバラが一本ずつ配られました。
 そのあとにドアが開くと新郎が一人で登場しました。会釈をしながら私達の持っているバラを歩きながら受取り、全員の花を受け取って前の壇上に上がると、リボンでバラを縛ってまとめてバラの花束を作りました。
 そのあと、ドアが開くと新婦が登場。お父様とチャペルを歩いてきて、新郎がひざまづいてバラの花束を新婦に渡すという演出でした。
 司会者の方から沢山の愛が詰まった花束ですという言葉に、新郎と私達一人一人が籠もってるように思えて、更にはひざまづいて渡している姿がとても素敵で感動しました。

ゲスト全員へのメッセージ(宮城県/パレスへいあん/15名)


 今回私はいとこの披露宴に参加させていただきました。
 花嫁が両親に手紙を読んでいて終わりのほうに全員にメッセージがあるということで読んでいただきました。
 普通の披露宴では両親への感謝の気持ちのみの手紙が多いと思うのですが、今回は親戚のみの式だったので全員にお手紙を読んでいただきました
 とても感動しましたし、初めて見た演出だったのでこのような式もあるのかと、是非自分の結婚式の際には参考にしたいなと思いました。

友人の司会進行(神奈川県/横浜十番館/25名)

 友人の披露宴に参加しました。
 司会進行を共通の友人がやっていたのですが、友人ならではのフレンドリーな話し方で、面白いエピソードや心温めるエピソードなどを交えて、カジュアルな雰囲気で進みました。
 大きな結婚式場ですと、その会場の司会進行役が客観的な立場で司会をすることが多いですが、少人数で友人が司会進行したことで心から祝福しているのが伝わってきて、参加者全員が一体となっている感覚が生まれました。
 新郎新婦も肩の力が抜けていて、自然に楽しんでいるようでした。
 私自身も心から楽しめる、そして幸せを分けてもらえるような披露宴でした。

余興の自己紹介(神奈川県/崎陽軒/20名)


 友人のレストランウェディングに参加しました。
 余興の一つとして、出席者が順番に自己紹介をしていくというコーナーがありました。
 名前、新郎新婦との関係、新郎新婦とのエピソードやメッセージを順番に話していきました。出席者の話をきいているうちに、今まで知らなかった新郎新婦の一面を知ることが出来たり、二人が皆から愛されて祝福されているんだというのが伝わってきたりして、自分の順番が来るまでにじんわりと感動がこみ上げてきました。
 少人数ならではの余興で楽しむことができ、幸せを分けてもらえたのが良かったです。

新郎新婦から両親に向けての手紙(栃木県/プラトリーナ/50名)

 いとこの披露宴に参加しました。
 新郎新婦から両親に向けての今までの感謝の手紙が1番感動しました。今までお世話になったメッセージと感謝の気持ちを添えたメッセージでを両親の前で読むという演出だったのですが、新郎新婦も両親も感動し涙ぐみ、メッセージの内容も素晴らしく、愛情をもたれて今ままで育ててきてもらったんだなと考えたら、私たちまで感動してしまいました。とてもここまで感動する披露宴はなかったのでこのような披露宴にまた行きたいと思いました。

少人数向けの結婚式場を探すならゼクシィ



 ゼクシィにはホテルや少人数に対応したゲストハウスなど、結婚式場の情報がたくさん掲載されています。少人数向けの式場は多種多様ですので、まずはブライダルフェアの参加をおすすめします。

 - ゲストの感想 , , , , , , , , ,