【ゲストの感想No.04】少人数結婚式に参加したゲストの「ここに感動した!」演出

      2017/05/16

出席者全員による御祝い挨拶(福岡県/桜坂観山荘/30名)

 義妹の披露宴での演出ですが、出席者全員が一言ずつマイクを持って、御祝いの挨拶を述べる機会が設けれていました。大人数の披露宴だと、新郎新婦と一言も話せないケースも多くありますが、出席した全員が直接思い思いの御祝いの気持ちを述べることが出来て、とても良い演出だったと思います。
 また、新郎新婦の祖母(どちらも90歳近い高齢)が御祝いを述べた際には、元気に出席してくれたことに対して、新郎新婦自ら花束と感謝の気持ちを述べられていたのも、とても感動的な場面として印象に残りました。
 新郎新婦と出席者との距離が近く、様々な演出を柔軟に盛り込めるのも、少人数ならではの良さだと思います。

披露宴の席の配置(兵庫県/ロイヤルパレス阪神/45名)


 親族中心のアットホームな結婚式でした。
 席の配置が特殊で、新郎新婦の席をメインに設けずに両家両親と同じテーブルに座っていました
 最初に司会の方から、説明がありました。
「今まで育てて頂いたご両親に、一番近くでみていてほしい。そんな思いでこの席の配置になっています。おふたりの思いをご理解ください。」
 言葉は多少違うかもしれませんが、こんなニュアンスだったと思います。
 家族をとても大切に思っているのが伝わる披露宴でした。

エンドロール(大阪府/アルカンシェルベリテ/30名)

 受付が始まる前に、控え室でゲストがふたりに向けた映像を撮影していました。ひとりずつ、ふたりへのおめでとうの言葉みたいなものです。
 披露宴のエンドロールで、そのビデオを編集したものと、今日1日の挙式風景、披露宴風景を編集したものが流れました。
 ひとりひとりのゲストの名前とその方にむけてメッセージが一文そえられていました。
 映像をみて、今日結婚式を振り返ることができました。
 とても感動して、泣けました。ふたりの気持ちがすごく伝わりました。

新郎新婦へのサプライズ一言(佐賀県/佐嘉神社記念館/18名)


 兄妹の式に参加しました。
 出席者側からのサプライズが一般的ですが、逆に一言を要求されました
 しかし、完全にお客様気分であった我々は何も考えていない状態でした。
 一つの円卓に全員で囲んで座る形式で、順番に回ってきました。かって知ったる兄妹で有っても、いきなりでは頭の中の整理ができませんでした。
 言葉に詰まるものの、ついつい本音が出てしまいます。
 普段なら照れ臭くて、面と向かって言う事はありませんし、他の人がどの様に思っているのかを聞けて良かったと思います。
 少人数での披露宴だからこそたっぷり時間があり、会場全体がお祝いムードに包まれるのも魅力の一つです。

新郎新婦の挨拶(沖縄県/ラソール ガーデン・アリビラ/20名)

 いとこの結婚式に参加しましました。親族だけなのでアットホームな雰囲気で進められていました。
 テーブルも別々ではなく長いもので、お互い新しい家族と交流することができました。
 ムービーなどもこだわって作っていて、親族のみとは言えゲストを楽しませようとした気遣いがありとても嬉しかったです。
 新婦に持病があり、それを乗り越え付き合って10年での結婚、しかも沖縄での結婚式が夢だったそうで最後の挨拶では全員涙涙でした。

少人数向けの結婚式場を探すならゼクシィ



 ゼクシィにはホテルや少人数に対応したゲストハウスなど、結婚式場の情報がたくさん掲載されています。少人数向けの式場は多種多様ですので、まずはブライダルフェアの参加をおすすめします。

 - ゲストの感想 , , , , ,