少人数だからこそ、全員が参加しやすい結婚式&披露宴を目指した

      2017/12/17

先輩カップルのプロフィール

新郎年齢 24歳(20歳代 新婦年齢 25歳(20歳代
ゲストの人数 新郎側:21名 新婦側:19名
50名以下
費用(ご祝儀含まず) 410万円(500万円以下
会場 伊勢山ヒルズ 神奈川県(関東 結婚式場
【ポイント】
ご祝儀:ご祝儀あり(会費制ではない)
司会者:プロや会場の担当者
引き出物:用意した

少人数結婚式・家族婚を選択した理由

 私たちは同棲→婚約→結婚という流れだったのですが、結婚式を挙げる願望が当初は無く、また、呼ぶ友人も多くないため、私も妻も全く考えていませんでした。
 しかし、結婚は人生で1度しか訪れないハズのビッグイベントですし、妻には喜んでほしかったので、挙げることにしました。
 親戚、友人、同僚を含めれば100人は超える人数でしたが、仕事関係を呼ぶのは嫌だったので、招待候補から除外。
 友人も招待して断られたらショックなので、確実に来てくれる仲良しなメンツ・この人には祝ってもらいたいと思ったメンツのみに限定。親族は遠縁も含めると大人数になりますし、この人は呼ぶ、この人は呼ばないと選定してしまうと、心象が良くないので、予め「近親者のみで執り行います」というかたちをとるため、本当に近しい親戚に限定しました。
 その結果、40人という少人数になりました。
 一番最初の式場申し込みの時点では、30人弱ともっと少ない人数で想定していましたが、費用がそれなりにかかりそうだったので、ご祝儀での調整を考えて10名ほど増やしました

少人数結婚式・家族婚のメリット・デメリット

 変に余興を設けることなく、時間に余裕を持たせたプログラムにできたので、参列してくれた方一人ひとりにちゃんとご挨拶&記念撮影ができました
 また、テーブルレイアウトもゆったりとした感じにセッティングできましたし、高砂に背を向ける人が一人もいないようにできました
 意外なところだと、後日、参列者から各々がスマホなりデジカメなりで撮っていた当日の写真を集めるのも、少人数だったため、苦労なく行えました。また、その逆で、参列者に写真を渡すことも楽に行えました
 式場によるとは思いますが、私たちの場合は少人数用のプランというのが用意されており、大人数のプランとほぼ同じサービス内容で費用が安くなっていました。

少人数結婚式・家族婚のタイムテーブル

10時:挙式
11時前:披露宴前イベント(ブーケトスなど)
11時:披露宴開始
・プロフィールムービー上映
・新郎新婦入場
・新郎ウェルカスピーチ
・乾杯の挨拶
・新郎新婦インタビュー
・第一回歓談
・ケーキ入刀&ファーストバイト
中座(お色直し)
・中座中にプロフィールムービー上映
・新郎新婦再入場
・新郎公開プロポーズイベント
・キャンドルサービス
・第二回歓談
・ポーチにて写真撮影
・花束贈呈
・新郎父挨拶
・新郎挨拶
14時半:披露宴終了
 プチギフト贈呈・参列者見送り

少人数結婚式・家族婚のこだわりの演出

ムービーを自分たちで作成


 オープニングムービーとプロフィールムービは式場に依頼すると、基本的にテンプレートを使うためか、思っているような仕上がりになりそうになく、費用も20万円近くかかるということだったので、自作しました
 また、自分たちで作ることで、業者には見せたくないような幼少期のちょっと恥ずかしい写真なども使えて、両親・親族は懐かしそうに喜んでいました。

ブーケトス&バルーンリリース



 少人数かつ、気心知れた仲間しかいないため、みんなが参加できる挙式・披露宴を描いていました。
 ブーケトスは基本女性陣しか参加できません。ですが、私たちは新郎がブーケに見立てたブロッコリーを投げるイベントを設けて、男性陣にも参加してもらいました
 他にも、風船を空へ放つバルーンリリースというイベントを全員で行いました。

テーブルレイアウト


 テーブルレイアウトはみんなが高砂を向き、背を向ける人がいないようにセッティングしました。背を向けてしまうと、振り返る形になるので見にくいですし、食事も進められないので避けたいという思いがありました。
 また、テーブルセッティングと導線も工夫し、入退場の際にみんなの横を通り、晴れ姿を近くで見てもらえるようにしました。

歓談


 余興を最小限に抑えて、自由に歓談できる時間を多めに作りました
 せっかく来ていただいているので、一緒に写真を撮ったり、ちゃんと話をしたりする時間を作る狙いがありました。
 また、近しい人間しか呼ばないということもあり、私たちが挨拶しに周る形式ではなく、みんなの側に来てもらう形式をとりました。その方が、周りを気にせず話したいことを話したいだけ話せたように感じます。

歓談の時間を多めにとってしまった為、私たちと話していない時間はみなさん暇になってしまいます。そうならないように、食事の量(品数)を数品増やし、ドリンクもフリードリンク制にして、飲食の時間も長く楽しんでもらえるように考えました。また、席次も同じグループを固めるように配置したので、そちらでも昔話に花を咲かせていたようです。

少人数結婚式・家族婚のアドバイス

 少人数だったり、家族婚だったり、気の知れた人だけで執り行うのはとても気が楽です。そして、本人たちが心の底から楽しめますし、幸せになれます。
 また、両親としても、会社の上司などがいないことで気の張り方が変わり楽だと言っていました。
 招待された人の中には誘われたから断りにくくて来たという人や、嫌な上司だけど会社の人だから呼ばなければならなかったなど居ますので、「家族婚にしますので」ということを盾にとり、本当に心から祝ってほしい人・心から祝ってくれる人のみを招待できます。その方がみんな幸せになれます。

少人数向けの結婚式場を探すならゼクシィ



 ゼクシィにはホテルや少人数に対応したゲストハウスなど、結婚式場の情報がたくさん掲載されています。少人数向けの式場は多種多様ですので、まずはブライダルフェアの参加をおすすめします。

 - 20歳代, 20歳代, 500万円以下, 50名以下, ご祝儀有り, プロ, 結婚式場, 関東 , , , , , , , , , , , , , , , , ,